スポンサーリンク
スポンサーリンク

急上昇キーワード『ビットコインを凌ぐ!リップルコイン完全攻略』とは!?

暗号通貨

急上昇キーワード『ビットコインを凌ぐ!リップルコイン完全攻略』とは!?
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
スポンサーリンク

ビットコインを凌ぐ リップルコイン完全攻略 


スポンサーリンク

第2のビットコイン デジタル通貨「リップル Ripple」

リップルXRPとは

仮想通貨、リップルコイン取引所、ミスターリップル登録方法

仮想通貨、リップルコイン取引所、ミスターリップル登録方法

【リップルとクローバーコインはどう違うの?】 リップルとクローバーコインってどう違うんだろう?

【既存の暗号通貨の詐欺かどうかを見分ける方法】 Bitcoin(ビットコイン) Ethereum(イーサリアム) Ripple(リップル)

リップルはFintech企業ですし、別に比較する必要ないんじゃないですかね

『ビットコイン』の価格が急上昇しています!

日銀やメガバンクが次々と本格参入を発表したりして、最近は特に非常に人気が高まってきました。

NHKでビットコインのことが放送されると、途端にGoogle急上昇ワードでもランクインされるほど知名度も高まってきました。


でも、暗号通貨はビットコインだけではありません。巷に存在する暗号通貨は、2000種類以上もあると言われています。ビットコイン以外の暗号通貨の中でも、今、特に人気があるのが『リップル』です。

では、なぜリップルは、それほどまでに人気があるのでしょうか?
それは、あのGoogleがリップルに投資をしたからです。


Googleは、時価総額の世界ランキングが世界第3位の企業です。そのGoogleが投資をしたことで、リップルは非常に人気になってきました。

また、Googleだけではなく、Andreessen Horowitz, FF Angel IV, Lightspeed Venture Partners, Vast Ventures, Bitcoin Opportunity Fund, Fortress Investement co. など、シリコンバレーでは有名なベンチャーキャピタルが出資しています。

では、ビットコインとリップルは何が違うのか?
今回はリップルとビットコインの違いを調べてみましょう。



【ビットコイン VS リップル】

≪創業者≫

■ビットコイン
ビットコイン誕生の由来は、ある“論文”からです。
その論文を作成した人は、『中本哲史(ナカモト サトシ)』と匿名を使っていました。
匿名ということで、どんな人なのか、どこの国なのかなど多くの謎に包まれていました。
最近になって、その論文は複数の人物によって作られたことが明らかになっており、その中には日本人は含まれていないとのことです。
我々、日本人としては、少々残念な気もしますねww

その論文を見た研究者達は、今までに無い発想のものというとで有志でエンジニア達が集まり、試行錯誤の末、2009年にビットコインが誕生しました。


■リップル
リップルの創業者はビットコインと違い明確になっています。

ベテラン開発者の Jed McCalebが率いるシリコンバレー・スタートアップ OpenCoin が開発しました。
Jed McCalebは東京のBitcoin交換取引所Mt.Goxを作った人物でもあります。



≪仕組みの違い≫

■ビットコイン
ビットコインの仕組みは、P2Pで取引をされている点と、金や銀のような鉱物と同じく、採掘できる総量に限界があるという点です。
また、採掘作業が進むにつれて、ビットコインの残量が少なくなります。
そうすることで、発掘のハードルが上がる仕組みになっています。

■リップル
リップルの仕組みは、ビットコインの欠点を補った暗号通貨として注目されています。

リップルがビットコインと大きく違う点は、単一のオンライン通貨ではないということです。
1リップルの料金を支払えば、ドル、ユーロ、円、さらにビットコインでさえ、金銭を送受できる。
1,000億リップルが流通した後は、新たな Ripple は作られない。

つまり、Ripple は金銭取引サービスのためのトークンなのです。


≪コインの上限量≫

ビットコインも採掘量が決まっていますが、リップルも決まっています。
仮想通貨は上限を決めているとことで、価値が生まれるのです。
これは、金・銀も同様で、もし無限に存在していたら価値は無いです。

コインの採掘量を決めていることが肝なのです。

■ビットコイン
ビットコインの上限は、2,100万枚です。
また、百万分の一(μ)まで活用することが出来ます。

■リップル
リップルの上限は1,000億枚です。
ビットコインと比較すると、約5倍の量が存在しています。

しかし、ビットコインと大きく違うところがあります。
ビットコインの場合は、0から徐々に2,100万枚に近づいて来ます。
リップルの場合は、既に1,000億枚が存在しているのです。
ネットワーク上でトランザクションが起こるごとにリップルが減少していくという設計になっています。

ビットコインと大きく違う仕組みの一つと言えるでしょう。


≪入手先≫

■ビットコイン
ビットコインを入手するには、大きく3つの方法があります。

1.購入(両替)
2.採掘(マイニング)
3.他人からの譲渡(お金と同様に商品の対価として支払う)



■リップル
リップルもほぼビットコインと入手方法は同じになります。
リップルも購入することが出来るし、他人からビットコインをもらう事もできます。

しかし、1点違うのが、採掘(マイニング)です。
PCの演算能力を利用するという点は一緒ですが、その演算能力の活用目的が違います。

ビットコインの場合は、ビットコインを採掘するためにPCの演算能力を活用します。
リップルの場合は、World Community Gridと言われるガンなどの研究開発に貢献するとリップルコインがもらえます。
IBMが提供しているソフトウェアを活用することで、研究に貢献できるのです。

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


キャリアウーマン ブログランキングへ

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
スポンサーリンク

キャリアウーマン ブログランキングへ
スポンサーリンク