スポンサーリンク
スポンサーリンク

『日本だと0.03』、『海外だと8.5』、これって何の数字かご存知ですか?

貯蓄

『日本だと0.03』、『海外だと8.5』、これって何の数字かご存知ですか?
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
スポンサーリンク

『日本だと0.03』、『海外だと8.5』、これって何の数字かご存知ですか?
『日本だと0.03』
これは、2016年1月18日現在のゆうちょ銀行の通常貯金の適用金利です。
【通常貯金の適用金利】
0.03%
【通常貯蓄貯金の適用金利】
10万円未満・・・0.03%
10万円以上・・・0.035%
【定額貯金の適用金利】
6月以上1年未満 0.035% [ 0.035% ]
1年以上1年6月未満 0.035% [ 0.035% ]
1年6月以上2年未満 0.035% [ 0.035% ]
2年以上2年6月未満 0.035% [ 0.035% ]
2年6月以上3年未満 0.035% [ 0.035% ]
3年以上 0.04% [ 0.040% ]
(参考)5年 [ 0.040% ]
(参考)10年 [ 0.040% ]
【定期貯金の適用金利】
1月(1月以上3月未満) 0.035%
3月(3月以上6月未満) 0.035%
6月(6月以上1年未満) 0.035%
1年(1年以上2年未満) 0.035%
2年(2年以上3年未満) 0.035%
3年(3年) 0.05% [ 0.050% ]
4年 0.05% [ 0.050% ]
5年 0.06% [ 0.060% ]
【財産形成定額貯金の適用金利】
6月以上1年未満 0.035%
1年以上1年6月未満 0.035%
1年6月以上2年未満 0.035%
2年以上2年6月未満 0.035%
2年6月以上3年未満 0.035%
3年以上 0.04%
(参考)5年 [ 0.040% ]
(参考)10年 [ 0.040% ]
これをご覧になって、どう思いますか?
ゆうちょ銀行にお金を貯金したら、1年後、そのお金に利子が付きます。
通常貯金の0.03%というのはいくらでしょう?
例えば、ゆうちょ銀行に100万円を貯金し、1年で0.03%の利子が付いたとすると、その利子は300円です。
1,000,000円が、1年後に1,000,300円になるんです。
・・・・・嬉しいですか?
まぁ、増えないよりは増えた方がいいですけどww
でも、これが海外の銀行だと、利子はもっと多いです。
例えば、高い所でいえば、
アルゼンチン・・・25.0%
ウクライナ・・・21.0%
モンゴル・・・15.1%
ロシア・・・9.50%
す、凄いですね!!
でも、喜んでばかりはいられません。
「アルゼンチンペソ」の価値がとても危ういので、25%の利子が無事に付いたとしても、通貨の大暴落で結果大損という事態もあり得るのです。
ウクライナの場合はどうでしょう?
1カ月の定期預金(Term Deposit)の金利が「21.60%」だということ。これは裏を返せば、「1カ月後にここまでインフレが進んでてもおかしくない」ということが言えるのです。お金を預けるのに勇気がいりますww
モンゴルも同様です。
ロシアも現在の状況を見ていると大変危なそうですよね・・・
「ええ!?定期預金の金利が高いのはいいけど、インフレ率が高いし、経済的に危ない国ばっかりじゃないか!」
と思われる人もいらっしゃいますよね。
では、先進国といわれる国々の中では、どの国の銀行の金利が一番高いでしょうか?
民間銀行の金利は、その国の中央銀行の金利とリンクしていますので、中央銀行の金利の高い国は金利が期待できます。
オーストラリアはその国の一つです。
例えば、オーストラリアの銀行『Credit Union Australia』では、1年間の定期預金(Term Deposit)の金利を「3.6%」としています。
ニュージーランドも投資先として勧められることが多い国ですが、例えば『ANZ Bank New Zealand』では、1年間の定期預金(Term Deposit)の金利を「4.50%」としています。
ちなみに、フランス、アメリカ、イギリス、カナダ、ドイツ、イタリアなど先進7カ国といわれる、日本以外のG7メンバー国はみんな低金利です。比較的高い銀行だそしても、
アメリカの銀行『Ally Bank』
1年間の定期預金(Term Deposit)の金利:「1.05%」
イギリスの銀行『Bank of London and the Middle East』
1年間の定期預金(Term Deposit)の金利:「1.6%」
カナダの銀行『Tangerine』(ネット銀行)
1年間の定期預金(Term Deposit)の金利:「1.35%」
ちなみにユーロ圏のフランス、ドイツは現在、大変なことになっています!
欧州中央銀行(ECB)が『マイナス金利』の導入を2014年6月に決めました。
『マイナス金利』というとどういう事かというと、従来は民間銀行が中央銀行に預金すると、金利ゼロだったのですが、これがマイナス金利になると、お金が吸い上げられることになります!!
つまり、お金を銀行に貯金して、いざ降ろそうとするとお金が減って手元に戻るのです!
そんなの、イヤですよね!?
また、フランス人に愛用されていた『Livret A』という預金の金利もついに「0.25%」にまで下がってしまいました。2008年には「4.0%」もあったのですが・・・
いかがでしょうか?
日本の銀行よりも金利が高いものばかりでしたが、だからと言って全てが優れているわけではないようですね。
やはり景気が不安定だったりインフレが予測されるような国の銀行の口座を開設するのはリスクが高いです。
もし海外の銀行の口座開設に興味を持ってい人がいましたら、慎重に銀行選びをしたほうがよさそうです。


スポンサーリンク

ゆうちょ銀行TVCM「娘の結婚相手」篇30秒

ゆうちょ銀行TVCM「母からの電話」篇30秒

郵貯銀行 CM 「小郵系列」篇 30s x 3 (繁中)

ゆうちょ銀行TVCM「登場」篇15秒

選ぶなら、フィデリティ証券

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


キャリアウーマン ブログランキングへ

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
スポンサーリンク

キャリアウーマン ブログランキングへ
スポンサーリンク